Home > 2010年03月

2010年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

冬?・・・

四国を離れ日本海に突入いたしました.

日本海側に入ると春から冬に逆戻りしかも冬の日本海ゼンカイ模様!

写真で解りづらいか思いますが,雪が降っております.

本格的な日本海を満喫できました.以前のブログで東北方面は2℃の

ようでしたがこの日の日本海は4℃でした.

気温の変動が激しいと寒いのか暑いのか分からなくなってきます.
P3260023.jpg

P3260018.jpg

P3260022.jpg

ごめん

四国にお邪魔している時に面白いものを発見したので思わず写真を撮ってしまいました.

写真をしっかりと見てください.

路面電車がごめんと謝りながら車の間を走っています.

何か悪い事でもしたのでしょうか?

ごめん

春?・・・

四国を移動中に桜があちこちで咲いていました.

だいぶ強風で散ってしまいましたが,今年は開花がどこも早いのではないでしょうか?

もう関東も咲いているかなこの写真は20日に撮った写真です.

もう春も目の前ですね!

春夏の波乗り準備はお済ですか?

各ディーラーさんでウェットの準備にお得なキャンペーンを行っております.

詳しくはお近くのディーラーさんへ
桜

桜1

四国にお邪魔します

四国中国地方にお邪魔させていただきました.

瀬戸大橋を渡るときに夕陽が奇麗だったので1枚パシャリ!
夕陽
瀬戸大橋
TEAM AXXEのアンリさんとタッキーさんと一緒にうどんを頂きました.
アンリ
アンリさんが用事で自分と合えない間,タッキーさんありがとうございました.

おかげさまで極上の波に乗れました.またスペシャルな波を楽しみにしています.

四国の皆様,色々とありがとうございました.

JPSAコンテスト

  • 2010-03-26 (Fri)
  • NEWS
先日の3月21日~23日までの間にJPSAジャパンプロサーフィンツアー2010の

ロングボード第1戦スリランカロングボードプロがスリランカはヒッカドゥアにて

行われていました.

ファイナルデイは快晴のムネから頭オーバーの無風から弱いオンショアの三角波が

ブレイクしており,国内ではあまりないGOODコンデェションでのコンテストでした.

このコンテストにエントリーしていた,TEAM BREAKER OUT

廣澤 幸子さんが4位入賞いたしました.

おめでとうございます!

今後も今回以上に良い結果を出せるように頑張ってください!

結果は以下の通りです.

<男子>優勝/秋本 祥平    2位/ケコア ウエムラ

     3位/喜納 元輝     3位/石川 剛


<女子>優勝/植村 未来    2位/割鞘 ジュリ

     3位/小熊 明美     4位/廣澤 幸子

大会関係者・地元住民・ローカルサーファー・選手・大会に携った皆様お疲れ様でした.

また次回の千葉でのコンテストを楽しみにしております.

Christenson surfbords



cc3.jpg


先月末に行われたトドスのビックウェイブイベントで優勝したマーク・ヒーリーさんが、
クリスの板を使用した事は以前もブログで書きました。もう少し付け加えておきたい事が
あります。今回、このトドス・サントスのイベントにエントリーしていた24人の中で、
クリスのGUNを使用していた選手は、なんと4名もいたのでした。マーク・パーソンズ、
グレッグ・ロング、優勝したマーク・ヒーリー、そして南米のチリからエントリーした
ラモン・ナバーロさんは3位に入賞しておりクリスのGUNがどれほど信頼されているか
がはっきりと実証されたコンテストだったのです。クリスのGUNのフィンはウィドウ
メーカーと言われる、センターフィンが大きなものがセットされている物です。近年の
GUNのタイプに多く使われている様で、80年代に一世を風靡したデイブ・パーメンター
さんが好んでシェイプしたあのタイプです。アンドリュー・キッドマンもこのタイプの
セットアップで長めの板をシェイプしています。世界が認めたクリスのGUN。シェイプ
もウェットスーツ造りも同様に、作り手の魂が注ぎ込まれたクラフトなのです!

余談ですが3位のラモン・ナバーロさん、トドス・サントスに向かう為に地元のチリを
飛び立った2時間後に現地での大地震が発生したことがその後に判明しました。現在は
グレッグ・ロングさんをはじめ多くの仲間が被災地の復興支援に向かっている様です。
一日でも早くの復興を心よりお祈り致します。

STICK TO YOUR GUNS -The Todos Santos paddle-only Big Wave Event went down
February 28, 2010 in Baja and the water was teeming with Christenson surfboards
including the 9'8" widowmaker set up with slightly extended middle fin ridden expertly
by winner, Mark Healey.
Four out of twenty-four competitors' boards, ranging 9'6" to 9'8", happened to be
handmade by Chris like the one ridden by 3rd place winner, Ramon Navarro as well as
Semis contenders Mark Parsons and Greg Long. Are you starting to see a pattern here?
Looks like Chris is on a roll with a string of big wave titles going to Christenson riders
and maybe, just maybe, this is indicative of the advantage a hand-shaped board imbued
with Chris's passion for innovative design and speed can afford the discriminating competitor.
Furthermore, Chris's need for speed apparently extends beyond the water onto the streets
into the vintage auto/motorcycle world as an interview, coming soon, for the Japanese
website, Cycleheads, will attest.
Keep an eye out, and keep it moving, Chris. We salute you.


Dry suits test in青森パート6

雪の降る中、慎重に運転しながら山を越え、なんとか太平洋側に帰って
参りました。目的地は八戸市のディーラー様、リップカレント根城店様。
一昨年前からメインブランドの中の一つに加えていただき、店長のチン
シャン(一戸さん)、ライダーのマチャド(成田さん)にスーツを着て
いただき、ますます盛り上がりそうな気配です。ただいま展開中の弊社
キャンペーンの説明をさせていただき、お客様のオーダーもその場でお
受けして、サバ、塩辛のお土産まで頂き、お腹いっぱいで一時お店を出
ました。その後、今後のウェットスーツの流れと現在の動向、東北エリ
アのサーフィンについて佐々木先生を交えて、しっかりとミーティング。
翌日は岩手のビーチブレイクで最終テストを行いミッションは終了。
ドライ、フル、ブーツ、フード、グローブ、キャップetc.........
沢山の貴重なデータが得られました。地元の方々が必要とされている
仕様やアイデアはものすごく勉強になりました。また再来月?には営業
でお邪魔いたします。皆様、本当にお世話になりました。また、今回
お伺いできませんでしたディーラー様、次回にはキチンとお店にお伺い
いたします!

先生、チンシャン、マチャド(向かって左から)
100317_2330~01

チンシャン、kakaiさんロング到着。
o0800060010455291736.jpg

マチャド君、kakaiさんボード到着
o0800060010455291701.jpg

先生newシモンズ到着!
se.jpg


Dry suits test in青森パート5

翌日、風は弱まらず海は大時化・・・日本海テストは断念。残念。
次回はぜひ。朝は雪がビッシリと車を覆っていました。一路太平洋
エリアへ引き返し。途中の高速は真っ白・・・はたしてどうなる?

積雪10cm。まずは雪おろしからスタート。
100317_0843~01

高速は雪。50km規制で安全運転。
100317_0950~01

その後は八戸リップカレント根城さんへお邪魔します。


Dry suits test in青森パート4

太平洋側を後に、津軽エリアの弘前のブレイブリーさんにお伺いしました。
途中の一般道は冬期通行止めエリアが目立ち、普段は2時間ほどの道のりが
今回は4時間弱ほどかかりました。路面凍結、山間は雪がしっかり残るまだ
冬の景色がそこには残っていました。弘前に到着する頃には、西から北西風
がかなり強く、明朝風が変われば日本海エリアでの絶好のテスト日和になる
はず!!期待を胸に夕食をご一緒させていただき、マニアックでディープな
サーフィン談義を、オーナーK藤さんとさせていただきました。お忙しいと
ころいつもありがとうございます。こだわりのサーフボードセレクトは、
東北ではダントツのブレイブリーさんでした。

ブレイブリーさん
100317_0854~01

ミーティング場所を後にさて明日はどうなる?
100316_2323~01


Dry suits test in青森パート3

1ラウンド終了後、他のポイントをチェックさせていただきました。高台から望む
このポイントも、貸し切り状態のライトブレイクが割れておりました。潮加減では
時折チューブもあったであろうこのポイント、ビジターのアクセスは難しそう。

きれいな水の色をしてますが、ウォームウォーターでは決してありません。
少々マッシーになってきたので、これから日本海側へ向かいます。

明日にまた太平洋側に戻る予定です。続く。

DSC07935.jpg
DSC07925.jpg

Home > 2010年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。